ひじの黒ずみ 原因

ひじの黒ずみについて

ひじの黒ずみの原因

顔のお手入れはされていると思いますが、ひじのお手入れはできていますか?

 

また、あなたは、顔のように「ひじ」も観察しているでしょうか。

 

人間は鏡でよく見える所、たとえば顔などは、せっせとお手入れをしますが、自分から見えない部分はお手入れがおざなりになりがちです。

 

自分から見えないところほど、他人からよく見えるものです。

 

本当は、気にしなければ行けないのは、自分から見えにくいところなのですが、どうしても逆になりがちですね。

 

そんなわけで、目の届きにくい「ひじ」などは黒ずみになっていても気がついていない、というひとも少なくありません。

 

特に夏場の肌を露出したファッションになると普段は注意して見ていない部分だけに、ふと確認してみると長い間ほったらかしにしておいたひじの状態は予想以上に深刻でびっくりする場合もあります。

ひじの黒ずみの原因とは

それでは、どうしてこのひじの部分だけ異様に黒ずんでしまうのでしょうか?

 

これにはいくつかの原因があります。

 

摩擦

まずは、ほおづえをつくなどの「摩擦」によるものが大きな原因と言われています。

 

日ごろから摩擦により皮膚がこすれると角質が肥厚し硬くなってきてしまいます。

 

角質が硬くなってしまうとなかなか肌からはがれ落ち落ちにくくなるので、古い角質が溜まり見た目が黒ずんでしまいます。

 

老化

また、年齢とともに皮膚の生まれ変わりが滞りやすくなるので、角質が溜まりやすくなるということもあります。

 

特に20歳代後半ごろからは注意が必要です。

 

水分不足

同じように、年齢とともに肌の乾燥は起こりやすくなるため、皮膚の水分不足で黒ずみが目立つ場合もあります。

 

紫外線

その他には、日焼けなどの原因となる紫外線も関係があります。

 

日焼けは肌の中のメラニン色素が反応して起こります。このため、肌が黒くなるとひじの黒ずみも同時に起こってしまう可能性があります。

 

以上がひじの黒ずみの原因と考えられます。

 

せっかくお手入れして黒ずみが解消できても、原因を理解していないとひじの黒ずみを繰り返すことになってしまいます。

 

黒ずみを繰り返さないためにもしっかりとひじの黒ずみの原因を意識して生活するようにしましょう。

 

ひじの黒ずみも気になるけど、鼻の黒ずみの方がもっと気になるという人は「鼻の黒ずみを取る方法」を見てみましょう。

 

 

<< | ひじの黒ずみトップページ │ ハイドロキノンクリーム >>